14538778489_2f3d70db1b_h

ヘルスで憧れのAV女優と初対面

ヘルスにも色々なお店がありますが、やっぱり最高だったのは、憧れの女性からサービスをしてもらった体験でした。
世の男性ならば、一度や二度はAVを見た事があることでしょう。
私はよく見ているほうだと自覚しているのですが、そこに登場するAV女性に惚れてしまったことも少なくありません。
中でも一番のお気に入りAV女優は、爆乳、爆尻で私のムスコをたくさん絶頂へと導いてくれた方です。
その憧れのAV女優がヘルスで働いている、これを聞きつけて無視するわけにはいきません。
その事実を知った当日に電話で予約をしたのですが、さすがの人気嬢です。
予約は数週間分、既に埋まっていたのでした。
とにかく早く遊びたいと、現時点での最短日程で予約を入れ、更に念入りに、他のお客さんがキャンセルした場合に連絡して欲しいと告げ、その日を楽しみに待ちわびることにしました。
予約当日を迎えると、風俗なのに思いっきりおめかしして出かけました。
少しでも印象に残りたい、その為にジェントルマンに努める事を心に決めていたのですが、サービスが始まってしまえば、そんなことをすっかり忘れてしまうほどだったのです。
爆乳、爆尻を生で目にした時、私のエロスイッチが入ってしまいました。
しかも悩ましい体に目を奪われていると、彼女が私の目を凝視してきたのです。
これに吸い込まれてしまった私は、その後は彼女のなすがままとなってしまいました。
まずはお風呂タイム、ここでは爆乳、爆尻を使って泡踊りでメロメロにしてくれました。
特に背後から覆いかぶさるような形で表れていると、見えない分感覚が研ぎ澄まされて、その柔らかさ乳首のコリコリ加減がよく分かるのです。
ムスコは絶えずパンパン状態、さすがにこれでは可哀相と、彼女はシャワーで流した後にパックリ咥えてくれて、抜いてくれました。
その後の二人での入浴は、彼女が本物の彼女になってくれたように思えて、本当に幸せでした。
実は彼女は熟女なのですが、テクニックも相当な物を持っています。
それを体感できたのは、ベッドに移って始まった全身性感でした。
ヘルスでもなかなか味わえない舌使いを満喫しながらも、胸や尻が当たるたびに意識がそこに行ってしまいます。
そんなことを繰り返しながら性感を高めるだけ高めてもらい、あのAVで見たパイズリで顔目がけての射精を、そしてとどめの一発は、爆乳の揺れを下から至近距離で眺めることができる騎乗位素股での射精でした。
ヘルスで体験したプレイとしても最高レベルで、射精後のお掃除フェラもとても丁寧に行ってくれて、彼女のことをもっと大好きになってしまいました。